シミを作らないための朝食

シミを作らないためには何をいつ食べるのかが大切なポイントになります。なぜなら、シミに良いとされる食材のなかには、光に対して反応してシミを作ってしまうものもあるからです。

夜食べれば問題がなくても、朝食で食べてしまうとかえってシミを作る原因になってしまいます。

朝食に摂らないほうが良い食材としては、グレープフルーツ、オレンジ、レモンなどといった柑橘類や、パセリ、セロリ、シソなどの香味野菜があげられます。


ニンジンやいちじくなどもよくありません。蕎麦も日中に食べるよりも夜のほうが安心です。

人工甘味料なども避けたほうが賢明です。

朝食に摂ったほうが良いものとしては、カロテン類が多く含まれるトマトやカボチャなどの緑黄色野菜に含まれています。

なかでもトマトには美肌によいビタミンCもたっぷり含まれているのでおすすめです。



抗酸化力の高いポリフェノールも朝食に摂りたい栄養です。

ポリフェノールは、チョコレートや緑茶、コーヒー、りんごやベリー類、ゴマや大豆などに豊富に含まれています。


α-リノレン酸、DHA、EPAなどオメガ3の脂肪酸も朝食に向いています。

iemoに有効なサイトです。

オメガ3の脂肪酸は、サバやイワシなどの青魚、クルミなどナッツ類などに含まれています。

ビタミンCはビタミンEと一緒に摂ると効果がアップします。


ビタミンEをたっぷり含んでいるアボカドやツナ、ゴマなどをビタミンCが多い食材とあわせて摂るのもおすすめです。
アスタキサンチンもおすすめの栄養素で、鮭やイクラ、カニ、エビなどの赤い色素部分に含まれています。
朝食に、ご飯、味噌汁、鮭という組み合わせも、実はシミを作らないための朝食になります。

池袋のシミ治療について知るならこのサイトです。